ホーム > アーカイブ > 2012年2月のアーカイブ

2012年2月のアーカイブ

本日は親バカブログにお付き合いください・・・。

  • 投稿者: itsuki
  • 2012年2月22日 6:46 PM
  • 未分類

みなさん、ご存知の通り樹では
『樹の芽きのめお花教室』というお子様(3歳~12歳)対象の
アレンジ教室を開催しております。
3歳~というのはとりあえず話が聞けて、
とりあえず鋏が使えて、というのが前提の
教室になるわけですが
元々始めたきっかけはスタッフや自分の
子供達にお花を生ける、という事を知ってもらいたい
という気持ちから始まりました。

私にも3歳になる娘が居ますが、
外は裸足で走り回る、言う事も聞かない我が家では
ザウルス、と呼ばれております。

3歳になったので「アレンジ作ってみる?」とか
「お花、生けてみるの楽しいよ~」と誘ってみていました。

先日までそんな気は無いよ~って顔してましたが
今月の教室でみえたお友達のお姉ちゃんが
作っているのを見ていた雛之。
次の日の夕方 懲りもせず「アレンジ作ってみる?」
という私の声に、「うん、作る!」!!!

気持ちが変わらない内に、と急いで準備。
お花は折れていたトルコキキョウ・ピンクのストック、
もう賞味期限切れのスイートピー、あとは
選んでみる?と聞いたところ
薄い大きなラナンキュラス(高いのですが・・・)と
マトリカリアを選びました。

いつも樹の芽キッズには「お花を生ける時の注意」を
読んでいただいてから鋏を持っていただいてますが
まだうまく鋏を使いにくい雛之には甘いかな?と
思いながら「私が切るから挿してね」と
順番にお花を渡していきました。

一本、二本折りましたが
なんとなく形になりました。

切った後の葉や茎を片づけてもらい
「できたね~」と顔を見たら満面の笑み。

樹の芽では毎月 生けたお花の写真を撮って
花の名前を書いてファイルに増やしていきますが
その事も雛之は知らないと思っていたら
「お写真撮って、お写真!アレンジと~!」
知ってました。
ついでなのでお花の名前も書いて
ファイルまで作らせていただきました所で
雛之、大満足。
主人にも「私がアレンジ作ったの~」と何回も
何回も嬉しそうに話してました。

毎朝、「アレンジにお水あげなくっちゃ!」と
張り切ってます。
今日、きっかけになってくれたお姉ちゃんのお母さんに
話したところ、「家でも気づく事が変わったりした、
物を大事にするっていうか、蕾がひらいてきたって
言ったり、朝学校に行く時にお水をあげてね、って
頼まれるから。」と嬉しいお話が聞けました。

植物は話ができません、だからこちらから
気を使って世話をする、長く楽しむにはどうすれば?
と考えたり、自然の中の関係性(壮大?)とか
子供の内から大切にしたい感性のひとつを
磨いていけたら、と思います。

今月の樹の芽お花教室の題材は
「雛祭り、桃の節句のお花」です。

『生きるやさいを生ける』イベント。

  • 投稿者: itsuki
  • 2012年2月7日 10:18 AM
  • 未分類

2/25(土)松阪市嬉野町の
レストランカルティベイトさんで
『生きるやさいを生ける』イベント開催、
3/4(日)までそのまま樹のお花が飾られます。

とある7月の出来事から始まったこのイベント。

いつも行く市場で「もらって~」と置いてあった
野菜達。ピーマン、白茄子?長茄子?
美味しそう、でも生けたい!!といただいてきて
生けて飾らせていただきました。
この写真を見られた亀山の吉川さん、
すいーとぽたけさん(野菜を栽培して卸してみえます)の
目に留まり、昨年の11月にご自分の畑の野菜を
ご持参で樹に「生けて!」とご依頼いただきました。

トレビスや黒い大根。
ワイン色のトルコキキョウや
染めたアイビー、蘭などと合わせました。

白いカブ、おもちゃかぼちゃ、カリフラワー
見えにくいですが人参が入ってます。
色合いを考え、リューココリーネ、
ミニバラのルナロッサ、スプレィマムの黄色を
合わせました。

そして紫のカリフラワー(茹でるとすごい緑色になるそう)、
ラディッシュ、細いダイコンに合わせたのは
ミモザのパープレアとストックのレインボー、
スプレィマムの紫など。

全部のアレンジがカフェやイタリアンレストランに
お届けされたそうです。
そしてとても喜んでいただけたそうです。
野菜、というと本来は食べる物(もちろん、痛む前に
全部食べていただいてます)。
でも私には花と変わらず素材のひとつ。
十数年前にもレストランにお勤めの新郎、新婦さんの
ご依頼で結婚披露宴の装花に使わせていただいた事も
あります。
確かに面白くて見た目には楽しい提案です。
しかもすいーとぽたけさんの野菜には
力がある、と感じ今回ご参加をお願いしました。

11:00~すいーとぽたけさんから野菜の説明
11:15頃~樹のアレンジメントライブ
12:00頃~スペシャルランチ
14:00頃までおひとりおひとりにアレンジをお作りします。

*お食事+お花のプレゼント ¥5500
お席に限りがございますのでご予約はお早目に。
レストラン カルティベイトさんh.p.↓
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/

色を感じよう、花を生ける時も。

  • 投稿者: itsuki
  • 2012年2月6日 11:54 AM
  • 未分類

色、って面白いもので
その日の気分によって使う色が違ったりします。
気分を盛り上げたい時は赤、黄色、オレンジの
暖色系だったり、
厳かな儀式の時は純白・・・。

お見舞いは元気になって欲しいから
明るい暖色系。
お供えは優しいパステル系。
シーンによって贈る色を考えてご用意してます。

樹の花は上品でシックな落ち着く色合いを
得意としています。

*本日のお花 ・シンピジウム・ガマズミ
・トルコキキョウ wアンバーマロン・ヘデラベリー
・spストック ラインカルテット・ミニバラエマレッタ
・オドントグロッサム

こちらのアレンジは津市一身田中野の美容室
Blantonさんhttp://www.blanton.jp/からのご注文で
お届けさせていただきました。
作ったアレンジのお写真をお渡ししたら
小濱さん、「こちらのアレンジはちゃんと
うちの店や私の雰囲気や色も届けてくれるので
安心します。」嬉しい。
お届け先にもご注文いただいた方にも
喜んでいただけるようにご用意してます。


鈴鹿市市役所北隣に先日オープンしました
なごみ屋食堂さんにお届けさせていただきました
シルクフラワーのアレンジです。
お店のオープンにお作りさせていただくアレンジは
こと細かくどんな雰囲気か、壁の色や
イメージを聞いて作るか、写真を見せていただくか
場所を見に行って確認してから
ご用意しています。せっかく贈られるので
なるべく喜んでいただける物を、と
思います。
このアレンジも「店に色が無かったから
本当によく映える」とお褒めの言葉を
いただきました。

樹が行ってます、フリーコースの
アレンジ教室はお花を選んで作っていただけます。
その日の気分によって選ぶお花や
色合いが違って面白く思います。
色を使う、という事はその色を取り入れる、
その色を解放する、どちらにもとれます。
気分が落ち込んだり、乗らない時は
どうぞお花を植えたり生けたり
してみてはいかがでしょうか?

2/25、松阪市嬉野町のレストランカルティベイトさん
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/で
『生きたやさいを生ける』というイベントがあります。
樹のアレンジを作るのが生で体感でき、
来て下さったお客様ひとりひとりに似合うアレンジを
ひとつプレゼントさせていただきます。
カルティベイトさんのスペシャルランチも
ついてます。
11:00~14:00
¥5500です、ご予約お待ちしてます。

ホーム > アーカイブ > 2012年2月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る